= Babble Riddle Go! =
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RECOMMENDメニューを閉じる
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ (JUGEMレビュー »)

これ以上に難解で不可解な知恵の輪が、かつて存在しただろうか。

エニグマの奇怪な渦巻状の造形は解法の為だけに創られ、装飾としてのデザインが全く無い。全ての部位を駆使し、全ての動きを利用しなければ、絶対に解く事は出来ない。

『謎(エニグマ)』という名を持つ究極のパズルは、挑戦者を絶望と混乱の淵へ、どこまでも追い詰めていく。

貴方に、この“謎”が解けるか。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


CEATECレポ・その2
何故かいきなり『その2』になってますが、とりあえず以前レポートした『CEATECあまりものレポート』がその1だったという事にして、気にしない気にしない。
'`,、(´∀`) '`,、



まず初めに謝罪と【バリ5!】の方針について。

実は先日マイコミジャーナルに掲載したWILLCOMコアモジュールフォーラムの記事について、記載ミスから少々怒られてしまいました。

内容としては、WILLCOMコアモジュールフォーラムと書くべきところをウィルコムと書いてしまった事が発端。それによってWILLCOMとWILLCOMコアモジュールフォーラムと千葉工業大学それぞれに迷惑を掛けてしまった為、事が大きくなりまして。



また【バリ5!】内で記事の紹介をした際に、千葉工業大学の出展作品を『夏休みの工作レベル』と書いた事について、語弊が大きいとの指摘も頂きました。

個人的にはお世辞や提灯を書くのは主義に反するので、努力の成果として素直に書かせて頂いたまでですが、確かに語弊の大きな表現だったと反省しています。

普段【バリ5!】を読んでいる読者ならいざ知らず、マイコミジャーナルの記事を読んでK-MAX経由で【バリ5!】を知った方にしてみれば、このカゲキなサイトは面食らう人も多いでしょう。

そのような訳で、まずは御迷惑を掛けた皆様にお詫び致します。大変申し訳ありませんでした。今後は出来るだけ語弊のない表現に努めたいと思います。



ただしこの【バリ5!】が管理者側もコメント側も、出来る限り思ったままに意見が言える場でありたいと言うのは、今までもこれからも変えるつもりはありませんので、今後も無意味な提灯記事やお世辞は書かない方針です。

よって、批評の際に批判的意見が出る事もありますが、その際は必ず根拠なども分かり易く説明していこうと思います。



例えば今回の千葉工業大学の件ですが、オレは見たままを書いたまでです。学生さん達がどれだけ案を練り、何が出来れば人の為になるのかを真剣に考えたであろう事は、あの説明への熱の入れ方などから十分に伝わってきました。

説明にしても製品の特徴をすぐに言えなかったりと、到底プロのプレゼンには適わないレベルでしたが、必死にそれをこちらに伝えようとする姿勢は、プロでも持ち合わせていない人はたくさんいます。

むしろ大企業の製品発表会のプレゼンほど、聞いているのも辛いほどつまらないものが多かったりします。



厳しい意見を学生さん達に突き付けるようですが、デザイン学科という名を冠して人にモノを見せるならば、一度自分達の“作品”をとことん追求してみる事です。

毛嫌いせず、ワンフェスやコミケに行ってみるのも良いでしょう。そこでどれだけ素人の方々が、プロ顔負けの造形作品を展示・販売しているのかを知るべきです。

人に物を見せる、物を売るというのは、それだけクオリティが求められるという事です。デザイン学科の皆さんなら、努力次第で絶対に出来るレベルだと信じてますし、またそれをしなければいけないのがデザインという世界です。

少なくともデザインに関して素人の人間が見て『素人レベルだな』と感じるものではいけないという事です。



ましてや製品化には程遠いアイデアだとするのなら、より一層デザインだけで人を唸らせたり納得させたり感動させたりして、更にそこから色々な想像を膨らませられるものを見せて欲しいというのが、オレの想いです。

例えば、KDDIブースにあった『PLY』のように。
PLY - ケータイの層 -


もちろんオレも、記事を執筆し公の場で発言する事について今回大きなミスをしました。プロとしてやってはいけない事をした。だからこそ真摯に謝罪して歩いた訳です。

今回の件に関しては、オレも色々と勉強になりました。学生さん達の作品と自分の記事の出来を重ねつつ、自分の行動や考えもまだまだ甘いと再認識しました。

人間、どこまで行っても常に精進ですな。







さて、小難しい話はこれくらいにして、いつもの【バリ5!】ライクにさっさとCEATECで撮ってきた数々の最新技術をお見せしましょうかね♪

今回は画像数も半端無いので、エントリーを2回に分けてお送りします。まずは京セラブースのケータイ関連以外のネタを3つ。

※以下画像クリックで拡大。ケータイ等では閲覧出来ない場合があります。

金曜〜土曜は眩しいほどの快晴♪
金曜〜土曜は眩しいほどの快晴♪

手ブレではなく被写体ブレを防ぐ!?
手ブレではなく被写体ブレを防ぐ!?

被写界深度を広げる技術!?
被写界深度を広げる技術!?

人工のオパール。めっちゃ綺麗♪
人工のオパール。めっちゃ綺麗♪

様々な色で製造可能。
様々な色で製造可能。





最初の“被写体ブレ”を防ぐという技術には、本当にビックリした。

例えば手ブレを防ぐには、レンズを動かしたり撮像素子を動かしたりして機械的に処理するか、写った画像を加速度センサーの情報から推測してソフト的に補正を掛けてブレを打ち消す処理をしますが、これは根本的に原理が違う。

画像を拡大してもらえば分かりますが、何しろ被写体そのものがブレている。だから加速度センサーは使えない。なのに、映っている画像は殆どブレていない。

説明員の方に聞いたところ、これは機械的に行っているのではなく、全てソフト処理だとの事。恐らく映像認識技術を応用したんだと思いますが、これが実用化されてデジカメやデジカムに搭載された時には、物凄い製品が生まれると思いますよ。



被写界深度を広げるという技術も、ソフトウェア処理だそうです。上の写真では、DEOSと書かれた側の映像が、その技術による映像です。

確かに右側の映像と比べて、手前の名刺にも奥のスヌーピーの漫画にもそこそこピントがあっていて、パンフォーカス的な映像になっています。

これは実際にはピントが合っている訳ではなく、いわゆる『ピントが合っているように見える』レベルまで処理を行っているだけ。とは言え、その技術は大したものです。



最後の人口オパールは、個人的にヒカリモノが大好きなので思わず食い付いてしまいましたw
(*´∀`*)ムフーッ

京セラが商品名『京都オパール』として発売しているもので、成分的には天然のオパールと全く同じ組成を持つ人口オパール(クリエイテッドオパール)に、カラー樹脂によって処理を施したもの。
京都オパール


元々オパールは壊れ易い宝石として有名ですが、この処理によって堅さ(樹脂だから粘性か?)が向上し、壊れにくくなるというメリットもあるそうです。

装飾品に使うにはピッタリの素材だよね。薄くスライスして張り付けたりする事も出来るようなので、男性用にもタイピンとかカフスとか作ってくれないかなぁ♪

普通に買っちゃうぞぉ〜♪
ヽ(*´ ∀`)ノ



さて、次のネタは…『続きを読む』からご覧下さい♪
↓↓↓↓↓
 
噂のインテル製2.5インチSSD。
噂のインテル製2.5インチSSD。

超爆速。メーター振り切ってますw
超爆速。メーター振り切ってますw

某29a氏が手に持っているモノは…!
某29a氏が手に持っているモノは…!

ついにワイド画面になったアレ。
ついにワイド画面になったアレ。

さて問題。これは一体なんでしょう。
さて問題。これは一体なんでしょう。

ちなみにコイツは圧力センサーです。
ちなみにコイツは圧力センサーです。



モバイルコンピューティングPLAZAと書かれた展示ブースでは、各社のモバイルマシンやモバイル技術が一挙大公開。

インテルのSSDは、噂に違わず爆速でした。これだけ速いと、Vistaのファイル検索機能なども大いに活用出来るようになってくるんじゃないかと。

製品寿命や容量の面でまだまだHDDには敵わないSSDですが、モバイルPCの性能を劇的に向上させる可能性は十分に秘めています。これから大注目の技術ですな♪



上の画像でクイズにした、黄色い車の屋根に載った謎のチップはパナソニックの技術関連のブースで見つけたもの。

このチップの正体は…加速度センサーです。もはやモバイルマシンには必須のチップと言えますな。

カメラなら手ブレ補正に使用されるし、ケータイなら画面表示の切替やアプリケーションの操作に応用されます。ノートPC用のHDDでも、落下時の故障防止の為にコイツが利用されてます。

これからも、モバイルツールの主要技術の1つになっていくんでしょうな。





そんなワケで、CEATECレポートその2はおしまい。次のエントリーでは各社で見つけた気になるモノと、ソニーブースのレポなどをお伝えします♪
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

JUGEMテーマ:コンピュータ
PC&モバイル | 20:38
comments(2) | trackbacks(0)
コメント
オパールなんてのも展示されていたのですか!
それはさすがに知りませんでした・・・。
| Y.Moa | 2008/10/05 11:32 PM |
>Y.Moaさん
オパールをはじめとした人工宝石の生成技術は、流石イナモリストーンを生み出した京都セラミックといったところ♪

オレもオパールのタイピンを持っていますが、勿体無くてなかなか使えませんw
| あるかでぃあ | 2008/10/05 11:45 PM |

【バリ5!】内をGoogleで検索!



- - - - - - - - - - - - - - - - -

paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
qrcode