= Babble Riddle Go! =
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
RECOMMENDメニューを閉じる
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ (JUGEMレビュー »)

これ以上に難解で不可解な知恵の輪が、かつて存在しただろうか。

エニグマの奇怪な渦巻状の造形は解法の為だけに創られ、装飾としてのデザインが全く無い。全ての部位を駆使し、全ての動きを利用しなければ、絶対に解く事は出来ない。

『謎(エニグマ)』という名を持つ究極のパズルは、挑戦者を絶望と混乱の淵へ、どこまでも追い詰めていく。

貴方に、この“謎”が解けるか。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


三脚が欲しくなる季節
なんとなく毎日ぼんやりと暖かな今日この頃。春も間近だなぁと感じさせる日々ですが、今日の本題はそんな春にぴったりのガジェットです。

と、その前にちょいと前座を。

Android向け
トロイの木馬、
「いっしょに
トレーニング」
海賊版アプリに混入
(INTERNET Watch)

ひなこタンを餌に釣るとは…許せん!
ひなこタンを餌に釣るとは…許せん!



既にあちこちのメディアで大きく報じられているので知っている人も多いかと思いますが、Android端末向けのマルウェアが、よりにもよって『いっしょにとれーにんぐ』の海賊版に混入されていた事が発覚しました。

混入されていたのは海賊版のみで、Androidマーケットで購入出来る正規版は問題ありません。正規版は525円で販売されている為、無料で手に入れようとした人達が標的にされたようです。



よいですか皆さん!アプリに限らず音楽も動画も、原則としてお金を払うべきところはお金を払って楽しみましょう!世の中タダより怖いものは無いのです!某CMの『グリーで検索。無料です』みたいなウソツキ広告を思い出すべし!

ひなこタンとキャッキャウフフしたいなら、525円くらい払いなさい。別に月額使用料が掛かる訳でもなし。525円程度も払えない人はひなこタンと戯れる資格無し!
(#゚Д゚)クワッ

どうでも良いが、オレもAndroid端末でひなこタンと戯れたいぞ!誰か端末譲ってくれ!
(#゚Д゚) ←金払えよw







さて、それでは本題。Androidとは何にも関係の無い本題ですがw

(※以下画像クリックで拡大。ケータイ等では閲覧出来ない場合があります。)

ベルボン
ウルトレック45L

画期的且つ超実用的な逸品!
画期的且つ超実用的な逸品!



この三脚は昨年10月に発表・発売され、業界内でもちょっとした話題になった代物ですが、なんと言ってもその魅力は実用十分な高さと性能を確保しながら、収納時は僅か295mmにまで小さく折り畳めてしまうという点です。

既にオレも三脚は小型・中型合わせて3台ほど持っていますが、アイレベルの高さまで使える中型三脚が無かったので、これはかなり魅力的でした。

ただ、冬場はどうしても使う機会が少なかったのと、価格的な面から購入を見合わせていたのですが、そろそろ花の綺麗な季節になってきたので、買ってみようかと思った次第で♪



ウルトレック45Lについての詳しい解説は、デジカメWatchに記事があります。

ベルボン
「ウルトレック45L」
(デジカメWatch)

最低高は350mm
最低高は350mm


最長高は1,560mm
全高は1,560mm



最低高が若干高いものの、オレのように卓上三脚を持っている人なら問題のない話だし、そもそもアイレベルの三脚が必要な屋外での撮影では最低高よりも全高の高さが最も大切。その上でコンパクトに収納出来るというのは実に素晴らしい。

全高1,500mm以上の中型三脚となると、通常は折り畳み時に450〜500mmほどの大きさになるのが多く、どうしても通常のバッグなどには収納し切れない大きさだったのです。しかし、300mm以下となればかなりの使い易さ。

更に重量も1,240gと比較的軽量である為、持ち運びにも便利なのがポイント。⇒三脚は軽過ぎても使いづらいものですが、エントリー機程度の重さならばこのくらいの重量の三脚で十分に対応出来ます。



価格はAmazonだと40%OFFで21,383円とかなりお買い得。携帯に便利な中型三脚を探している方や、デジイチを初めて買ったけどどんな三脚を買ったらいいか迷っているという方は、検討に値する一品だと思います。

JUGEMテーマ:三脚
カメラバカ一台 | 14:54
comments(5) | trackbacks(0)
コメント
お久しぶりです。三脚の話がでてきたので、
僕は同じベルボンの「ULTRA MAXi L」使ってます。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2006/10/30/4929.html
全高152.5cm、縮長36cm、重量0.99kgが標準です
雲台が少し大きいので交換してます。全高152.3cm重量0.88kg
かなり気に入ってますよ。
長さは6cm長いですが軽いし
三脚+雲台で1万4000円ぐらいなのでお勧めです。
公式サイト
http://www.velbon.com/jp/catalog/ultra/ultramaxil.html
標準の雲台(240g)
http://www.velbon.com/jp/catalog/panhead/phd31q.html
変更した雲台(130g)
http://www.velbon.com/jp/catalog/ballhead/qhd41q.html
| おーくてぃ | 2011/02/23 9:26 PM |
何とも変態な(褒め言葉)三脚を出してきましたね、ベルボン。 
金ぴかの頃のLUXiを持っている漏れが言うのも何ですがw

ULTRAシリーズは、ミニ三脚みたいな華奢に見えて意外に頑丈かつ使い出があるので、何だかんだ稼働率は一番です。
| boroneko2k | 2011/02/23 10:28 PM |
>おーくてぃさん
ULTRA MAXi Lもなかなかイイですよねー。特に最低高が165mmまで下がるのはなかなかのポイントかと。今回購入したヤツと結構悩みました。

結局オレがウルトレック45Lを選んだ決定打は、少しでも高さが高いモノをという事と可搬性、それと適度な重量でした。軽過ぎる三脚は安定しない事が多く、過去の経験上高さの必要な三脚は、デジイチクラスのカメラを載せて安定させるにはそこそこの重さが必要だと感じていたので。

また本文でも少し書きましたが、最低高を必要とするような撮影の殆どは屋内ですし、それ用には小型三脚にもなるULTRA LUXi miniを常用していましたので、こちらは屋外での活動用と用途を決めて購入してみた次第です。

ちなみに、おーくてぃさんがお持ちのULTRA MAXi Lの姉妹機であるULTRA LUXi Mは持ってるんですが、これでも収納時のサイズが若干大きく、更に全高が少し足りない感じだったのです。その点で、今回のウルトレック45Lは絶妙のバランスだと思いました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

>boroneko2kさん
ベルボンらしからぬ(?)変則的な三脚ですよねw そういう変なところもオレ好みというかwww
'`,、(´∀`) '`,、

ベルボンの三脚はULTRAシリーズだけでも2本持ってますが、どちらも使い勝手は非常に良好です。今度の三脚も、どこにでも持ち運べる汎用三脚として使えるといいですな♪
| あるかでぃあ | 2011/02/24 3:38 AM |
>525円くらい払いなさい。
>(#゚Д゚)クワッ
>誰か端末譲ってくれ!
>(#゚Д゚) ←金払えよw

オチが秀逸でした。

さて、本題のほうですが、三脚は大切ですよね。
これからデジイチを買おうという人には、三脚やカメラマンバッグの選び方も教えるべきだと思うんですけれども、そこまで言及した入門書ってあまり無いような気がします。
かく言う私は、じつは昔ベルボンの三脚(およびタムロンのズームレンズ)を買って写真部の友人にしこたまバカにされた悲しい思い出がありまして、今回のエントリーは複雑な思いです。
| おおむねよかろう | 2011/02/24 10:40 AM |
>おおむねよかろうさん
カメラバッグも選び方は重要ですねぇ。個人的には厚手のトートバッグスタイルが最も持ち運び易く便利だと思ってますけど♪

ベルボンの三脚に限らず、人の持ち物にケチを付ける人はそれなりの人だと思っておけば良いのです。その人にとってはジッツォやマンフロットあたりの三脚じゃなければ許せないのかもしれませんけど、そららの製品じゃなければいけない理由などどこにもありませんから。
| あるかでぃあ | 2011/02/24 1:46 PM |

【バリ5!】内をGoogleで検索!



- - - - - - - - - - - - - - - - -

paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
qrcode