= Babble Riddle Go! =
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
RECOMMENDメニューを閉じる
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ (JUGEMレビュー »)

これ以上に難解で不可解な知恵の輪が、かつて存在しただろうか。

エニグマの奇怪な渦巻状の造形は解法の為だけに創られ、装飾としてのデザインが全く無い。全ての部位を駆使し、全ての動きを利用しなければ、絶対に解く事は出来ない。

『謎(エニグマ)』という名を持つ究極のパズルは、挑戦者を絶望と混乱の淵へ、どこまでも追い詰めていく。

貴方に、この“謎”が解けるか。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


ゲームでコラム
先週末からずっと仕事だの遊びだので走り回っていて、今日はようやく家でのんびりしておりました。

いつものようにガジェ速向けに書く記事のネタ探しなどをしていたのですが、別のライターさんがこんな記事を書きまして。

圧倒的!
ガンホー時価総額、
任天堂抜き
ソニーに肉薄
―5月14日時点
(ガジェット速報)



この記事や各種株価情報などを読むにあたり、これまでにスマートフォン向けゲーム市場に対して感じてきた事や、先日スマートフォン&モバイルEXPOにて得た実感なども含め、ちょいとコラム的に記事を書いてみる事に。

コラムってそれなりに知識が無いと書けないし、自分なりに結論をまとめていないと支離滅裂になり易いので、なかなか書けないんですけどね。今回はちょっと資料などを集めつつ頑張ってみました。

激動の
スマホゲーム業界
「ネイティブアプリ」
の復権と
岐路に立たされる
ソーシャルゲーム
(ガジェット速報)

パズドラがスマホゲームを変えた
パズドラがスマホゲームを変えた



考えてみたら、ソーシャルゲームが台頭してくる以前のスマホゲームって、ほぼ全てがネイティブアプリだったんですよね。

ところが、ソーシャルゲームが登場してきてその収益力が莫大であると知れ渡った瞬間から、一気に流れがウェブアプリ一辺倒になってしまい。

それまでのゲームというと、1アプリ300円とか600円とかで売りきりのものが殆どだったので、正直儲からなかったのですよ。

ところが、パズドラはネイティブアプリでありつつもソーシャルゲームの要素を取り入れ、継続的に課金してもらう仕組みを取り入れたんです。←ここの作り方が実に絶妙だった訳で。



iPhoneが日本に登場した2008年頃は、個人製作者を中心に、ちょっとしたアプリでも一発当てれば大儲けが出来た時代がありましたが、その後iOS向けアプリ(スマホアプリ)の開発に大量の個人・企業がなだれ込んできた事で、全く儲けが出なくなった時期があったのです。

その段階でネイティブアプリには『単価を下げなければ売れないが、単価を下げると儲けが出ない』というジレンマが生まれ、市場そのものに暗雲が立ち込めていたのも事実です。

そしてソーシャルゲームバブルがあり、パズドラが新たなネイティブアプリの在り方を提案してきた。個人的には、これはとても良い流れだと思っています。



アプリが無料や超低価格で提供される事は、ユーザー本位で考えればあり難い事なんですけどね。それではデベロッパーが疲弊するばかりで結果的に市場が崩壊します。

だからこそ、継続的に課金しても良いと思えるだけの高品位なアプリ開発が重要な訳で。アイテム課金制というのは、そういったクオリティ維持の為のメリットもあるのですよ。

今後、パズドラを超えるネイティブアプリが生まれてくると面白いですな♪ 個人的にはそういった状況をとても強く望んでます。

やっぱりゲームは面白くなければ♪
(´∀`)

JUGEMテーマ:パズドラ
仕事の鬼ごっこ | 22:12
comments(0) | trackbacks(0)

【バリ5!】内をGoogleで検索!



- - - - - - - - - - - - - - - - -

paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
qrcode