= Babble Riddle Go! =
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RECOMMENDメニューを閉じる
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ
知的立体パズルゲーム キャストエニグマ (JUGEMレビュー »)

これ以上に難解で不可解な知恵の輪が、かつて存在しただろうか。

エニグマの奇怪な渦巻状の造形は解法の為だけに創られ、装飾としてのデザインが全く無い。全ての部位を駆使し、全ての動きを利用しなければ、絶対に解く事は出来ない。

『謎(エニグマ)』という名を持つ究極のパズルは、挑戦者を絶望と混乱の淵へ、どこまでも追い詰めていく。

貴方に、この“謎”が解けるか。
RECENT COMMENTSメニューを閉じる
RECENT TRACKBACKメニューを閉じる
ARCHIVESメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


auとか箱とか
オレは今はau回線持ってないし、信者でもなければアンチでもないフツーの一般人的感覚だったりするけど、今のauを見ていて少なからず不安を覚えるのは事実。

大丈夫なのか?この会社。
(´・ω・`)

端末からサービスへ
―au 2013年夏モデル
発表会レポート
(ガジェット速報)

au版iPhone5の
75Mbps対応エリアの
実人口カバー率は14%
―auに何が起きたのか
(ガジェット速報)

社長、もっと誠意持ってやろうぜ
社長、もっと誠意持ってやろうぜ



正直今のauはやる事なす事色々と雑です。端末のラインナップやサービスの質、広告の打ち方やショップの対応など、どれを取っても中途半端。積極的に動こうという能動性を感じないんですよ。

例えばdocomoなどは劣勢に立たされつつも全力でユーザーを獲得しようと躍起になっているのが分かるし、SoftBankは胡散臭い宣伝をしつつも嘘は付いていない。

でもauって、ユーザー獲得にも躍起になってる印象が無い上に、広告で嘘付いちゃったからね。イイトコないよね。



上の発表会のレポート記事、書くのに12時間以上も掛かったんですけどね。書きながら『どうやったらauの良い点を引き出した記事に出来るかな』と、相当苦心してたんですよ。

荒唐無稽な持ち上げでは単なる提灯記事になってしまうし、かと言ってオレの心象だけを述べたのでは単なる批判になってしまうし。

auが消費者に訴えたいとしている事を汲み上げ、それを消費者に丁寧に伝えるにはどう書くべきかで、1時間くらいは悩んでました。



docomoとかSoftBankでは、そういう事はなかったんですけどね。auはどこへ向かってるんだろう。この後どうなっちゃうんでしょう?

あ、ちなみに誤解のないように補足しておきますが、auのAndroid端末を使う限りは、エリア面の不安も無くとても快適ですよ。問題はiPhone 5でして。

次期iPhoneが登場した時に、エリアの不安とかも解消されるとイイですね。(次期iPhone登場は9月か?)







さて、暗い話題はこのくらいにしてオレの大好きなゲームのお話でも♪
(´∀`)

米マイクロソフト、
Xbox Oneを発表
―年内発売へ
(ガジェット速報)

Microsoftが
次世代ゲーム機
「Xbox One」の
ベールを剥いだ
(PC Watch)

Xbox OneはホームPCの夢を見るか
Xbox OneはホームPCの夢を見るか



PS4に続き、ついに次期Xboxもベールを脱ぎましたね。むしろPS4よりも具体的な発表内容で、発売も2013年末なのでPS4よりも先になりそうです。

後藤氏のコラムが非常に詳細で分かり易いのですが、PS4もXbox Oneもx86アーキテクチャとなり、事実上『専用コンソールを採用した廉価ゲーミングPC』という位置付けになりました。

この事によって後方互換性は無くなりましたが、PCゲームとの親和性やマルチプラットフォームでのゲーム開発は容易となり、ゲームメーカー、ゲームプレイヤー共に恩恵を受け易くなります。



Xbox Oneの筐体サイズなどは、オレが以前予想していた通りの大きさ。現行のXbox 360より一回り大きく、丁度『ALIENWARE X51』くらいのサイズになります。

この筐体サイズなら、ミドルレンジクラスのGPUを搭載していても何ら問題の無い大きさです。(コストを度外視するならハイエンドGPUも搭載出来る。)

ALIENWARE X51

箱○とX51のサイズ比較
箱○とX51のサイズ比較



廃人PCゲーマーなオレとしては『こんな中途半端なマシンいらねぇなぁ』というのが第一印象だったりしますが、コンシューマ向けに4〜5万円程度で販売されるなら、非常に魅力的なプラットフォームになるのではないかと。

日本では全くと言って良いほど売れていないXboxブランドですが、海外での人気は圧倒的で、恐らくハイエンドゲーミングPCを買えない層や、ゲームコンソールに拘る人々にはかなりの人気が出そうです。



そもそも、今の日本において家庭用ゲーム機という市場そのものが衰退し始めていますからね。

ゲームの中心はスマートフォンに移りつつあり、かろうじてそこに携帯ゲーム機の3DSが食い込んでいる程度。もはやPSPやPS Vitaは瀕死でしょう。

海外で据え置き型ゲーム機が未だに好調なのはそれなりに理由があり、特に米国では未だにFPSなどのゲームが人気である点や、Xbox OneがSTBとしての機能を持つ事などから分かるように、TV文化への依存度が日本よりも高いのです。

またキネクトを用いた体感ゲームが流行った事からも分かるように、海外の住宅事情は日本よりも恵まれていて、大画面TVを前に全身を使ってゲームを遊んだりする文化が根付きやすかったというのもまた、Xboxブランドが勝者となれた理由の1つでもあります。



恐らく日本ではPS4の方が人気が出ると思いますし、Xbox Oneとアーキテクチャがあまり変わらない点からもソフトウェアの量や質で負ける事はないと思われますが、そもそも日本でコンシューマゲームが売れる市場が今後存在するのかどうか。

そこが個人的には気になっていたりします。

オレ自身、ネトゲ以外はスマホゲームしか遊んでいないのが実状ですしね。ネトゲは兎も角、スマホゲームしか遊んでないという人は他にも多いのではないでしょうか。

かつてはゲームに夢を馳せ、ゲームに希望を抱いていた人間としては、とても寂しい時代ではありますけどね。これも時代の流れなのでしょう。



Xbox OneやPS4、絶対買いたい!って人はどのくらい居るんでしょうか。また買いたいという人はどういった部分に魅力を感じているんでしょうか。

ゲームを単なる『遊び』ではなく『趣味』として楽しんでいる1人として、とても気になるところではあります。

JUGEMテーマ:ゲーム機全般
PC&モバイル | 18:37
comments(3) | trackbacks(0)
コメント
携帯ゲーム機がスマホに集約されたように、
家庭用タブレット、mac、pc、STBが集約される流れでしょう。Androidスティックを使って分かったのですが、スマホを繋げば良いじゃないかと思っていたけど、繋ぎっぱなしがやはり楽。
| 通りすがりが以下略 | 2013/05/23 12:18 PM |
ゲーム機なんて、本体出るから買うではなくて『やりたいゲームが出るなら買う』に尽きるかと。

国内据え置き市場も、『龍が如く』や『グランツーリスモ』・『ゼルダ』などのタイトルは数出てるようですし。

国内メーカーが魅力的なゲームを出し続けられれば国内据え置きゲーム機も大丈夫じゃないでしょうかね?

質の低いゲームばっかりなようでしたら消え去るのみかもしれませんけど…

スマホゲームは、所詮作り込みしづらいでうしガチ層には見向きもされない(一発当たったゲームが出ると一斉にパクりが大量に沸くのも大問題だし)世界ですし棲み分けされるんじゃないですかね?

まぁ、ほら国内に限って言えば国内メーカーの頑張り次第ですよ。据え置きでも携帯ゲーム機でも。(だからこそ儲け度外視主義でゲームを開発するバニラウェアやアルファシステムみたいなところには頑張って貰いたいのですが)


河童丸
| 河童丸 | 2013/05/23 3:41 PM |
>通りすがりが以下略さん
>>家庭用タブレット、mac、pc、STBが集約される流れ

MSの目論見はそこでしょうなー。タブレットはまだ持ち歩ける便利さがあるから生き残るとは思うけど、TV依存の激しい米国などでは、TVに関わる周辺機器をXbox Oneにまとめたいというところでしょう。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

>河童丸さん
>>ゲーム機なんて、本体出るから買うではなくて『やりたいゲームが出るなら買う』に尽きる

原則としてはコレですけどね。一部のアーリーアダプター層はマシンそのものが目当てだったりするし。

ヒット作品のシリーズものにしても、実際どうなんでしょうね。シリーズ化すればするほど先細りになるのは目に見えてますし、マシンの高性能化で開発コストも年々跳ね上がってますし。

スマホゲームが作りこみしづらいとか、簡単なゲームに徹しているという状況は、恐らくあと1〜2年で解消されていく問題だとオレは思ってますね。

事実、ケイブなどはアーケードゲーム作品をそのまま移植して成功してますし、インフィニティブレイドやリアルレーシングのような家庭用にも匹敵するグラフィックのゲームは出てきていますし。

綺麗に棲み分けられれば一番ですが、世の中の人はそんなに暇じゃないので、『スマホで面白いゲームが無料〜数百円で遊べるなら、数万円も出して家庭用ゲームを遊ばなくてもいいや』という流れになるのではないかと。

事実、既にその流れは始まってますから、PS4やXbox Oneがどのようにして一度離れてしまったコンシューマゲームユーザーを再び取り込むのか非常に興味深いです。
| あるかでぃあ | 2013/05/23 5:54 PM |

【バリ5!】内をGoogleで検索!



- - - - - - - - - - - - - - - - -

paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
qrcode